名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ防犯カメラ活用方法・導入情報 > 防犯カメラの死活監視システムが『週刊ビル経営』に掲載されました

2020年3月16日更新

防犯カメラの死活監視システムが
『週刊ビル経営』に掲載されました

防犯カメラセンター(株式会社トリニティー)では、IoTプラットフォーム「Sublow」を運営しています。
「Sublow」では、独自のIoTプラットフォーム開発と併せ、これまで防犯カメラシステムの製造から販売・メンテナンスまで手掛けてきたノウハウも生かしながら、『痒い所に手が届く』『導入ハードルの低い』IoTサービスを提供しています。

「Sublow」がリリースするサービスのひとつ「Sublowリモートメンテナンス」は、防犯カメラの死活監視システムです。
防犯カメラはその特性上、事件やトラブルが発生しない限り取り、付けたまま放置されることが珍しくはありません。
年に数回のメンテナンス時に故障が発覚するケースもあり、この場合、防犯カメラが故障してからメンテナンスまでの期間、防犯カメラは壊れたままという状態になります。
『事件が発生し防犯カメラをチェックしたら壊れていた』という取り返しのつかない事態にもなりかねない、大きなリスクです。
防犯カメラの死活監視システムは意外な盲点とも言われますが、防犯カメラ専門会社として経験を積んできたから私たちだからこそ、その必要性を強調するシステムでもあります。

このページでは、『週刊ビル経営』に掲載された防犯カメラの死活監視システムについてご紹介します。

「防犯カメラの死活監視システム」
について、ご質問・ご相談・ご予約など、お問い合わせはこちらからどうぞ

防犯カメラセンターが運営する
IoTプラットフォームSublowについては、専用サイトにてご確認ください

防犯カメラの死活監視システム
『週刊ビル経営』掲載内容

2020年3月16日(月)の週刊ビル経営に、弊社の防犯カメラ死活監視システム「Sublowリモートメンテナンス」の内容が掲載されました。

弊社の防犯カメラ死活監視システムの記事は、

というキャッチ―なコピーでまとめていただいています。
今回の掲載は、「防犯カメラの死活監視」という防犯カメラの専門会社だからこそ気づいた着眼点や、防犯カメラの専門会社がIoT事業に乗り出すことの新規性に興味を持っていただいたことがきっかけのようでした。
限られた紙面の中で、防犯カメラの死活監視について、また、
弊社が「Sublowリモートメンテナンス」をはじめた経緯
「Sublowリモートメンテナンス」の開発期間、開発中の課題
弊社のIoTサービスの今後の展開
がまとめられています。

防犯カメラの死活監視については下記に詳細をご紹介していきたいと思います。
弊社がIoT事業に参入した経緯などについては、ぜひ掲載記事をご覧いただけたら幸いです。

週刊ビル経営掲載記事導入

防犯カメラの
死活監視システムについて

防犯カメラは、その特性上、壊れても気づかれないケースが珍しくはありません。
防犯カメラは、事件やトラブルが発生しないよう「抑止力」をもつセキュリティツールである上、防犯カメラが撮影した映像はプライバシーの観点から誰でも閲覧できるように設定することが難しいからです(※)。
防犯カメラの望ましい姿は、取り付けることで非常時の防犯に役立てながら、平常時にメンテナンスなどの煩わしさを感じさせることなく、事件やトラブルが発生した際にはしっかりと証拠映像を撮影することです。 (※)観光地や動植物園、大きな駐車場などでは、防犯カメラで撮影した映像を自社サイトで公開している場合もあります。もちろん、プライバシーの観点などを考慮した上で問題がないように配慮してあります。

ただ実際には、防犯カメラは知らないうちに故障していることがあります。
年に数回のメンテナンスで故障が判明することもありますし、 もっと悪いケースで、事件が発生していざ防犯カメラ映像を確認しようとしたら何か月も前に防犯カメラが壊れていた、という話があったとも聞きます。
このため、防犯カメラが正常に稼働しているかどうかを確認することは必要な行為ですが、わざわざ現場まで出向くなどの労力をかけることの難しいケースもたくさんあります。
だからこそ、無人で稼働状況を確認できる死活監視システムが有用であり有効となります。

死活監視とは

死活監視という言葉をご存じでしょうか。
死活監視とは、機器やサーバーが稼働しているかどうかをリモートで監視することです。
死活監視をすることで機器やシステムの「可用性」を確認できるため、「可用性監視」と呼ばれることもあります。

死活監視の方法として最も有名なのが、Pingコマンドです。
Pingコマンドの概要は次の通りです。

稼働状況を確認したい機器やサーバーにICMPプロトコルでパケットを送信。
Pingを受けた機器やサーバーは、稼働していたら送信元に返事となるパケットを送信。
Pingの応答を確認し、機器やサーバーの稼働状況を判別する。

防犯カメラの販売・取付やメンテナンスは関東・中部・関西全域で