名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ設置・工事事例施工事例5 > 浜松市の工場に防犯カメラを設置工事

浜松市の工場で防犯カメラをリニューアル設置工事

浜松市の某企業より、工場兼資材置き場に設置している古い防犯カメラが壊れたので新しい防犯カメラを設置したいとお電話をいただきました。
古いカメラは配管もボロボロになっていたので、すべて外して廃棄、新しい配管に入れ替えました。
防犯カメラは古い41万画素のアナログカメラだったものを、200万画素のFULLHDカメラに取り換え、画質もグンと上がりました。

仮設ポールにカメラの取付

古い配管の廃棄

はつり

ポールの防犯カメラ

防犯カメラは2015年ぐらいから高画質化の流れで、ほとんどのカメラがハイビジョン、フルハイビジョンカメラとなってきています。
2015年より昔につけたカメラの多くは41万画素以下で非常に画質が悪く、細部まで確認できません。
今回の浜松市の工場と同じく、経年劣化による故障とともに入れ替える場合が多く、現在ではスマホ対応(遠隔監視)、支店間管理なども当たり前になってきています。

浜松市での防犯カメラ工事

浜松市では工場や倉庫、マンションやアパートといった建物に防犯カメラを設置することが多いのですが、最近では商業施設にもお引き合いをいただいております。
浜松市で防犯カメラの設置をお考えの方は、ぜひ防犯カメラセンターにお問い合わせください。

防犯カメラとネットワークカメラの違い

一般的な防犯カメラは同軸ケーブルでつながっていますが、ネットワークカメラはLANケーブルでつながります。 ただ、ネットワークカメラ(IPカメラ・WEBカメラともいう)は防犯カメラの一種で、防犯カメラ自体はすべての定点カメラの総称でもあります。
弊社では、お客様の状況に合わせてどういったカメラが費用、機能、運用のすべての面においてマッチしているかを考え提案させていただきます。

浜松の海沿いの工事は塩害対策を

浜松でも海沿いの建物に防犯カメラを設置する場合は、サビにくい防犯カメラを使います。ねじなどもステンレス製を使い、サビないように施工をします。

防犯カメラセンターが選ばれる理由

防犯診断から、工事、メンテナンスまでワンストップでご提供

工事までの流れ

防犯カメラを初めて導入される方は、情報がないと費用や施工業者に不安を感じると思います。
弊社では、危機管理の方法から費用の面まで、総合的にコンサルティングさせていただきますので施設の防犯担当者の方は是非ご相談ください。
浜松市における防犯カメラ導入は、防犯診断から、設計、施工、アフターフォローまですべてを防犯カメラセンターにお任せください。