名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラ設置工事の流れ

工事の説明

名古屋防犯カメラセンターでは、カメラを設置工事する際、いろいろな手段が使えます。現金での販売はもちろん、リース、レンタル、クレジットでの導入が可能です。

落雷や水害などの自然災害による故障や、イタズラによる破壊、盗難などに保険が付く導入方法もあります。一度ご相談ください。

お客様のご希望により、無料で監視カメラ設置工事前に、実際に取り付ける場所にてカメラのデモンストレーションができます。気軽にお申し付けください。(夜間をメインで撮影したい場合は、夜に伺います。)

できるだけお客様のご意向に沿った日時に、ご案内、ご提案をさせていただいておりますが、込み合う時期もございます。 緊急性の高い場所における工事は夜中でも行なうことがあります。名古屋防犯カメラセンターを何卒、よろしくお願いいたします。

お電話から始まるセキュリティ適正診断

STEP 1  まずはお問合せください

まずは問合せ

どのような場所に、どのような目的で防犯カメラを設置したいのかを、お気軽にご相談ください。今現在困っていることのご相談でもかまいません。丁寧にアドバイスいたします。

また、以前他業者でカメラを設置し、現在保守先がない場合でもご相談に乗ることができます。

STEP 2  現地調査

現地調査

実際に防犯設備士が現地に赴き、設置予定箇所を確認いたします。街灯の有無や配線方法等を診たうえで、防犯診断も行います。

実際に設置したい場所でデモ機でデモンストレーションさせていただき、どのようにカメラに映るのかを確認していただくこともできます。 いたずらされている状況や空き巣に入られた箇所、心配している場所等を教えていただけるとよりご希望に沿ったプランのご提案ができます。

STEP 3  お見積もりの提出

見積り提出

お客様の状況やご予算等からお見積もりを提出させていただきます。防犯カメラを設置する目的と、設置する機械のタイプがマッチしているかご確認ください。

ご希望によっては数パターンのお見積もりをご用意することもできます。

STEP 4  ご契約

ご契約

お客様の意向に沿うようでしたら契約となり、申込書の作成を始めます。現金、リース、クレジットの中からお支払方法をお選びください。

その後、工事日程を相談の上決めます。(工事の日取りは先着順になりますので、お早めにお申し込みください。)

STEP 5  防犯カメラ設置工事

設置工事

カメラ設置箇所には、配線のため穴を開ける場合があります。また、設置終了時に機器の操作説明を行いますので、できる限りお客様には(工事の最初と最後だけは)現場にいていただけるとありがたいです。

また、工事は建物の状況や天候等によって工事時間や日程が変わったりする場合もあります。設置例はこちらをご覧ください。

STEP 6  メンテナンス

メンテナンス

運用をしていくとカメラのシステムに不具合が出る場合があります。

弊社ではできる限りご連絡をいただいた当日、もしくは3営業日以内に現場に赴くようにいたしております。また、保守契約にはスポット型メンテナンス(不具合が起きた時ごとに実費をいただいてのメンテナンス)とあんしんメンテナンスパック(月々定額で消耗品や故障対応の保守)がございます。

設置工事中のトラブル

名古屋防犯カメラセンター(株式会社トリニティー)では、保険会社の事業総合賠償責任保険に加入しております。 これは防犯カメラ設置工事中の不測の事態に対する法律上の賠償責任が保証されるものです。

ご心配な方は施工前に保険加入証明書の写しをご呈示させていただきます。担当の防犯設備士までご依頼ください。

業務遂行・施設危険

  • 対人対物共通保険金額 支払限度額 1事故 3,000万円
  • 保険期間中 3,000万円
  • 免責金額(自己負担額)0円

生産物・完成作業危険

  • 対人対物共通保険金額 支払限度額 1事故 3,000万円
  • 保険期間中 3,000万円
  • 免責金額(自己負担額)0円

カメラ工事中の様子

カメラ工事の様子は実際の防犯カメラ施工事例のページをご確認ください。