初期費用0円
工事費用0円

防犯カメラで自宅の防犯強化
まずは無料現地調査・お見積り

  • 導入実績
    8,000件
  • 顧客満足度
    97.8%

長期保証家庭用防犯カメラ
プロによる無料防犯診断が人気

家庭用防犯カメラ
設置工事について

家庭用防犯カメラは設置場所や目的に応じて選ぶべき種類・機種が変わります。
防犯カメラは自宅の防犯対策として「いたずら・泥棒の防止」「トラブルがあった現場を記録して証拠として活用」など、非常に有効です。
スマホと連動した遠隔監視や、最近ではAI防犯カメラを活用して人の侵入を検知しスマホへ通知するサービスも人気があり、自宅のさらなるセキュリティ性向上に貢献しています。
弊社でも多くの個人宅で家庭用防犯カメラの設置工事を行わせて頂いております。
このページでは家庭用防犯カメラに必要な機能やお困り・目的別の機器の選び方、弊社の設置実績などをご紹介します。
家庭用防犯カメラの導入はレンタル・購入でご利用可能です。
防犯カメラ・監視カメラの設置をお考えの方はぜひ防犯カメラセンターの無料現地調査をお試しください。

こんな方におすすめのページです

  • 自宅の防犯対策を見直したい
  • 新築を建築中、または建てる予定で防犯カメラの設置を考えている
  • ご近所トラブル・自宅へのいたずらの証拠を確保して解決したい
  • 泥棒・不審者の自宅への侵入防止対策をしたい
  • スマホで自宅周りの状況を遠隔で確認できるようにしたい

家庭用防犯カメラの種類

家庭用としての防犯カメラ

中部防犯カメラセンターは2006年に創業し防犯カメラの販売・レンタル・設置工事を専門とする防犯カメラ専門業者です。
家庭用防犯カメラの設置には主にご近所トラブルでいたずらの被害にあったことや泥棒被害など、実被害があって防犯対策を見直す方、もしくは新築物件を建築していて、引っ越しのタイミングで防犯カメラを設置したい、というのが大多数ですが、最近は用途も防犯対策だけではなく、家族の外出・帰宅のチェックや自宅への訪問者の確認など、様々な使い方が求められるようになってきています。特に人の侵入をスマホへ通知したり、スマホから遠隔監視など、スマートフォンを使った使い方が多いように思います。
また防犯カメラの種類も多くなり、高画質なカメラからAI機能がついたカメラ、ネットワークカメラ、クラウド上で映像確認ができるものなど、選択肢も増えています。
「自宅に防犯カメラを付けたいが選び方がわからない」という方もいるのではないでしょうか。
防犯カメラは設置場所や目的に応じた機種選び、設置方法を選び正しく運用することが大切です。まずは家庭用防犯カメラの種類や、目的に応じた必要な機能・性能について解説します。

防犯対策で家庭用防犯を設置する場合

泥棒や不審者など犯罪の被害に遭わない、空き巣に狙われにくい自宅にするためには「防犯対策がきちんとしている家だ」と警戒心をアピールすることが大切です。
多くの泥棒は犯行前に下見に行くといわれています。
ダミーの防犯カメラや100円均一で用意した防犯カメラ作動中のステッカーなどはプロの泥棒の目を誤魔化すことは出来ないことも多く、きちんとした防犯カメラメーカーの機種・ステッカーを利用することをおすすめします。
また人目につきにくい夜間も監視できることは必須でしょう。弊社では基本的に設置させていただく防犯カメラは夜間・暗所でもしっかり撮影できる赤外線センサーが搭載されているので夜間も安心です。

防犯対策として防犯カメラを設置する場合におすすめ

  • 200万画素以上の画質
  • 夜間対応
  • 屋外設置可能
  • 録画可能
  • AI人検知機能
  • スマホを利用した遠隔監視
  • センサーライトとの併用
  • 防犯カメラ作動中ステッカー
  • 長期保証

ご近所トラブルやいたずら防止に家庭用防犯を設置する場合

ご近所トラブル・いたずらにお悩みで防犯カメラを設置する個人宅のお客様は非常に多くいます。
この場合、なにかあったときに証拠として機能するよう、録画機能があったほうが良いでしょう。
また、人や車の存在をいち早く感知しスマホへ通知するAI防犯カメラも人気です。
弊社ではAI内蔵防犯カメラと後付できるAI機能の両方を取り揃え、人を感知しLINEで通知できます。

ご近所トラブル・いたずら対策で防犯カメラを設置する場合におすすめ

  • 200万画素以上の画質
  • 威圧感のあるバレット型
  • 夜間対応
  • 屋外設置可能
  • 録画可能
  • AI人検知機能
  • 防犯カメラ作動中ステッカー
  • 長期保証

家族の見守りを目的とした防犯カメラ設置の場合

小さな子どもがいる家庭や認知症の高齢者がいるご家庭では見守りも兼ねてカメラを設置することもあります。
とくに認知症患者が知らないうちに徘徊・外出してしまって事件に巻き込まれてしまうケースはニュースでも度々話題になっています。
また、見守り目的の場合は設置場所として室内・屋外どちらもありえます。目的に応じて屋外対応のカメラや首振り機能、音声録音機能など、必要に応じた性能のカメラを設置する必要があります。
弊社では家族の外出・帰宅をAIがLINEで通知する「おかえりカメラ」や、室内置き型のネット環境・Wi-Fi不要のカメラ「見守りカメラユーコとヨーコ」も提供しております。
お気軽にご相談ください。

家族の見守りで防犯カメラを設置する場合におすすめ

  • 夜間対応
  • 録画可能
  • AI人検知機能
  • スマホを使った遠隔監視
  • 長期保証

スマホを使った遠隔監視が人気

自宅に設置した防犯カメラをスマホで確認することができます。
iphoneでもアンドロイドでも対応可能です。詳しくは担当スタッフまでお問い合わせください。

家庭用防犯カメラ 機種の選び方

前述の通り、防犯カメラは目的・設置場所に応じて必要な機能が異なり、選ぶべき機種が変わってきます。
弊社では無料の現地調査・お見積りでおすすめの機種や設置場所、台数をご提案させて頂いていますが、自分で機器選びについて理解したいという方は下記のようなポイントをおさえると良いでしょう。

  • 設置場所で求められる性能の違い
  • 有線の防犯カメラとと無線の防犯カメラの違い
  • バレット型・ドーム型などカメラの形状による違い

設置場所にあわせて選ぶ

家庭用防犯カメラの選び方1:
屋外?室内?設置場所に応じた防犯カメラを選択

屋外なら防水・防塵設計は必須です。
屋外用の防犯カメラを選ぶ場合には耐久性を意識して、雨風や塵にあたっても壊れないよう、防水・防塵設計のものを選んでください。
質の高い防犯カメラの中にはIEC(国際電気標準化会議)で定められた電気製品の防水防塵性能を表す「IP規格」に準じている商品もあります。
ネットショップや電気街などで独自に購入される際には、IP規格をクリアしているかどうかを判断基準のひとつにしてもいいでしょう。
(参考):>>屋外用防犯カメラの設置について

また室内で広い範囲を撮影したい場合、部屋全体を撮影できる広角カメラで、水平方向の撮影範囲(パノラマ)が広いものがおすすめです。部屋全体を監視できるため、撮り逃しを減らすことができます。

家庭用防犯カメラの選び方2:
有線と無線のカメラの違い

無線タイプ(ワイヤレス)はコンセントのない場所にも手軽に設置できるというメリットがありますが、Wi-Fiの電波状態が悪いと映像が途切れたりうまく撮影できなかったりと、安定性にかけるというデメリットがあります。
導入する目的との照らし合わせや、設置場所でのネットワーク環境について、十分に確認・検討してから設置してください。

家庭用防犯カメラの選び方3:
カメラの形状による違いを理解する

防犯カメラの形状には大きく分けて「バレット型」と「ドーム型」があります。
バレット型は存在感があり、威嚇できるため、抑止効果を期待できます。
屋外での防犯対策を目的とした設置の場合には、バレット型がお勧めです。
一方でドーム型はやさしいデザインで威圧感がありません。
室内の設置や、見守り目的の場合にはドーム型がいいでしょう。

また、ご近所トラブルで犯人がわからないとき、犯人はわかっているが証拠を撮影したいときは、小型カメラを隠しカメラとして設置することも可能です。
詳しくは担当スタッフまでお問合せください。

トリニティーの防犯カメラ人気ランキング

弊社ではどの防犯カメラが人気があるのか、弊社の営業からアンケートをとりランキングにしました。
屋外に設置されることが多いため、威圧感のあり、防犯効果の高いバレット型の防犯カメラが人気のようです。
どういった理由でどういった機種が選ばれるのか?防犯カメラ設置をお考えの方はご参考にしてください。

1位 【コスパ重視】200万画素赤外線カメラTR-8001

200万画素赤外線カメラTR-8001

弊社の防犯カメラで一番設置の数が多かったのは、TR-8001でした。
バレット型のカメラなので不審者に対して威嚇効果があり高い防犯効果が期待できる点と、コストを抑えて200万画素のカメラが設置できるところが決め手になるお客様が多いようです。
スタンダードなカメラなので、シンプルに防犯のみの機能で十分という方に人気の機種です。

TR-8001詳細
  

2位 【性能重視】400万画素赤外線カメラTR-451VQ

400万画素赤外線カメラTR-451VQ

TR-451VQが選ばれる理由は400万画素の高画質な防犯カメラで、ソニー製のイメージセンサー「スタービス」を搭載しており、夜間でもきれいな映像が撮影できる点です。
夜間の防犯対策をしっかりと行いたいお客様にお選びいただくようです。また、バリフォーカルレンズで特定の場所をズームで撮影できるところも人気の理由の1つです。
また防犯対策とは別ですが、住宅の外壁の色に合わせて黒いボディのカメラを選ぶ方もいらっしゃいます。

TR-451VQ詳細
  

3位 【外観重視】200万画素赤外線カメラTR-9001

200万画素赤外線カメラTR-9001

TR-9001は200万画素の赤外線照射機能付きのカメラで夜間の撮影も可能です。
「防犯カメラをあまり目立たせたくない」というお客様によく選ばれる機種です。
上位のバレット型のカメラとは違い、丸いドーム型のなので威圧感が少なく、目立ちにくい形状が特徴です。そのため、建物の外観を重視する方にお選びいただきます。

TR-9001詳細
  

【番外編】新商品ながら人気の機種TR-IP8510

200万画素赤外線カメラTR-IP8510

今回3位と僅差でランキング入りはしませんでしたが、人気の新商品をご紹介します。
TR-IP8510は500万画素の超高画質な防犯カメラです。人物や車などの特徴をしっかりと捉えたいというお客様に人気の商品で、映像を拡大しても高画質な画質を保つことができます。
大きなTV画面で防犯カメラの映像を確認する方はよくこの機種を選ばれます。
またAI機能付きのカメラで人の侵入を検知することができる高性能な機種というところも人気の理由です。

TR-IP8510詳細
弊社の社員が実際に設置するなら・・・

実際防犯カメラのプロである弊社の社員が「防犯カメラを自宅に設置するならどのカメラ機種を設置するか?」アンケートを実施しました。 1番多かった回答はTR-IP8510という結果で、理由として500万画素なので高画質な映像を撮影できることがあげられました。
弊社のお客様も夜間に起こるゴミやタバコのポイ捨てや、車へのいたずらなど夜間の防犯対策を強化したいという方が多くいらっしゃいます。
TR-IP8510は夜間でも詳細な映像が撮影可能で、不審者の特徴をしっかりと捉えることができ、夜間の防犯対策に最適な機種です。

防犯カメラのオプションランキング

弊社で防犯カメラ設置をしたお客様が一緒にご利用することが多いオプションをランキング形式でご紹介します。
スマホが普及していることもあり、家の中にいるときでもスマホで映像を確認したいというお客様が多く、手軽に映像をスマホで確認することができる遠隔監視システムが人気です。

第1位 【どこにいても映像が確認できる】遠隔監視システム

オプション人気1位の遠隔監視システム

1番お選びいただくオプションは遠隔監視システムです。
遠隔監視システムはスマホやパソコンで防犯カメラの映像を確認できるシステムで、モニターで映像を確認するのではなく、外出中もスマホで好きなタイミングで映像を見たいというお客様にご利用いただいています。
また、リアルタイムの映像だけでなく録画した映像もスマホで確認できることも人気の理由です。

同率2位 【高い防犯効果を発揮】AI人検知システム

AI人検知で高い防犯効果

同率2位となったのは防犯カメラが侵入者を検知し通知するAI人検知システムでした。この人検知システムは予め「警戒エリア」を設定し、警戒エリアに人が侵入すると即時LINEで通知するシステムです。
防犯カメラで撮影した侵入者の画像を送るのでリアルタイムで侵入者の存在に気付くことができ、高い防犯効果を発揮することが人気の理由です。
>>AI人検知システム詳細

同率2位 【コスパ重視で防犯効果を底上げ】センサーライト

センサーライトで防犯効果を底上げ

同率2位で人気のオプションがセンサーライトです。低コストで防犯効果を底上げができることから、多くのお客様にご利用いただいています。
センサー部分とライト、それぞれ角度を変えることが可能なので柔軟な設置ができるセキュリティ機器です。

家庭用防犯カメラ 導入方法の選び方

防犯カメラを設置する際、選択肢として「専門業者に依頼して販売から設置工事までセットで依頼する」「警備会社のホームセキュリティを依頼する」「家電量販店や通販で購入して設置工事のみ業者に依頼する」「自分で買ったカメラを自分でDIYで取り付ける」という方法があります。
もちろん値段の差による性能の差や耐用年数の差があり、基本的には専門業者に依頼するのがおすすめですが、目的やご利用期間によっては安いカメラをご自身で取り付けるほうがコスト面でおすすめなケースもあります。
また、レンタルする、購入するなど導入方法も業者によります。弊社では防犯カメラのレンタルが特に人気が高く、初期費用を安く抑えて月額制で手軽に、お客様に合った防犯カメラを機器の提供から設置工事、修理まで全て自社で行っています。

防犯カメラのレンタルがおすすめな理由

弊社では家庭用防犯カメラを一括買取、またはレンタルでご利用いただくことができます。
弊社でレンタルが人気な理由は、初期費用を抑えて月額4,840円~という手軽さで防犯カメラをご利用いただける点と、レンタル期間中ずっと保証という安全性の高さからです。
防犯カメラ専門店の高画質かつAI人検知機能やスマホ連動など、お客様の希望に合わせたカメラを長期にわたって保証付でご利用いただけるのが弊社の防犯カメラレンタルサービスの強みです。

家庭用防犯カメラレンタル

家庭用防犯カメラレンタル

家庭用防犯カメラの購入場所と設置方法

家庭用防犯カメラを購入・設置する方法は、大きく分けて3パターンあると考えています。

  • ネットショップや電気街で購入して自分で取り付ける(DIY)
  • セキュリティ専門の設備会社に依頼する
  • 大手警備会社に依頼する

性能や保証ももちろん大切ですが、結局設置費用はどれくらいかかるのかが気になる方が多いかと思います。
それぞれのおおまかな料金や品質を簡単にまとめてみました。

料金(カメラ4台程度) 品質 施工の完成度
DIY 10万円以下 安いものは低い 個人差による
(道具の有無による)
防犯専門店
(設備会社)
30~50万円程度 高い 高い
大手警備会社 50~70万円程度 高い 高い(下請工事会社による)

DIYや激安業者で設置するほうが得なケース

防犯カメラの専門店としてはやはり性能や安全面、使いやすさを考えると専門業者に依頼するのがおすすめですが、目的や設置する予定期間によってはDIYで安く済ませてしまうほうがコスト面で見ておすすめなケースもあります。
例えば、短期間での設置が想定される場合です。
解決の目処がついていて、カメラを短期間つけておくだけで良いという場合、DIYや、10万円以下で取付可能な激安の業者を選ぶのも手です。
基本的に防犯カメラは長期間、その場所の安全性を向上するために使われるので機能や保証が大切ですが、短期間前提なのであればこれに限りません。

防犯カメラ設置工事動画

こちらは、あるお客様の元で許可を頂いた上で撮影した防犯カメラの設置工事の様子です。
実際に工事がどのように進むのか、参考としてご覧ください。

個人宅に400万画素の防犯カメラを2台設置

カーポートへの防犯カメラ設置

家庭用の防犯カメラ
導入事例

※一般家庭の防犯カメラ設置工事事例は、個人情報の観点から掲載できる事例が少ないのですが多数実績がございます。
また、プライバシーの観点から内容を一部変更して掲載してある場合があります。

個人宅での防犯カメラ工事事例と設置後

まずは無料現地調査・無料見積もりを

防犯カメラの説明

防犯カメラセンターは個人・法人問わず多くのお客様の元へ最適な防犯カメラを販売から設置工事、修理メンテナンスまで一貫して行う防犯カメラの専門業者です。
購入・レンタルなどお客様の希望に合わせた契約方法と豊富な取扱機種、丁寧な施工、安心な保証でお客様一人ひとりに最善のサポートをさせて頂いております。
無料の現地調査ではデモ機をお持ちして、実際に設置したらどんな映像が見られるか確認をしていただくことができます。
お見積りまで無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

防犯カメラセンターのご利用特典

家庭用防犯カメラ簡易操作ガイドのお渡し

防犯カメラ簡易操作ガイド

弊社でおすすめする家庭用防犯カメラを導入させていただくと、もれなく弊社オリジナルの簡易操作ガイドをお渡しさせて頂いております。
機器の操作に不慣れな方でも、分厚い取扱説明書を読まなくても操作ができます。

※ご家庭の家庭用防犯カメラで、ご高齢の方への販売はご家族の承諾をいただいてからの販売となります。ご理解のほどお願いいたします。

オリジナルの「防犯カメラ作動中」ステッカーを無料でお渡し

「防犯カメラ作動中」ステッカー

防犯カメラがついていても、それをしっかりとアピールできなければ犯罪の抑止効果は高まりません。
当社では、すべてのお客様に「防犯カメラ作動中」ステッカーを無料でお渡ししております。

反社会的勢力への対応や、法的なご相談について

弊社に寄せられるご質問やご相談の中で、反社会的勢力への対応や、最終的に裁判沙汰になりそうなケースが多々あります。
家庭用防犯カメラで撮影された映像や、セキュリティ装置だけでは解決につながらないと思われる場合もあります。
株式会社トリニティーでは、弊社契約の弁護士による有料相談もご紹介しております。
反社会的勢力への対応からプライバシーの問題までを相談できます。
実際に写った映像を法廷に証拠として提出する場合、弊社の防犯設備士ではわからないことも多く、やはり法律の専門家を交えてお話しすることが、最終的にお客様の利益につながると信じております。