名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ > 防犯カメラの設置工事

防犯カメラの設置工事

近年、国内の犯罪は組織化し多様化している中でセキュリティの需要が非常に高まってきています。 それに伴い防犯カメラの種類も多岐にわたり、今では消費者の立場で用途に合ったカメラを選ぶのは難しくなってしまいました。

この東海四県には防犯カメラを適正に設置販売できる専門店がとても少なく、お困りのお客様も多いかと思います。 我々、防犯カメラのプロフェッショナルである名古屋防犯カメラセンターにお任せください。 弊社の防犯設備士がお客様に安心と本物の安全を提供いたします。

防犯カメラの設置場所

どのような場所に、どのような目的で防犯カメラを設置したいのか、お気軽にご相談ください。 現地調査も行い、最適なプランを提案いたします。

また防犯カメラ設置工事前に、カメラを取り付ける場所にて防犯カメラのデモンストレーションもおこなうことが可能です。

これまでに名古屋防犯カメラセンターはいろいろな理由や用途でも防犯カメラの設置をしてきました。 例えば、ストーカー行為や嫌がらせの証拠取り、障害者のための監視システム、来客状況を確認するためのカメラなどです。

防犯カメラセンターでできる工事

高所作業

脚立やスライダーでは届かない高さで、高所作業車を使う工事をいいます。架空配線をするときにも必要であれば使います。

高所作業例

配管埋設工事

土を掘って、その中に配管を埋設し配線する方法です。地面が土の場合とコンクリートの場合では料金が変わることがあります。

配管埋設工事例

大容量無線LAN工事

最長1kmまで無線で情報を飛ばすことのできる装置を使って防犯カメラを設置します。物理的に配線できない場所で利用します。

大容量無線LAN工事例

架空配線工事

架空配線とは空中を飛ばすいわゆる「飛び線」のことです。地面を掘れない時、上空を配線したほうが予算的にお安い時などに架空配線工事を行います。

架空配線工事例

ポール建柱工事

敷地内にポールを立てそこに防犯カメラを設置します。建物の外壁に比べ、より良い画角で撮影でき、目立つことから抑止効果も期待できます。

ポール建柱工事例

「こんなことしたいんだけど?」というようなことがあれば一度ご相談ください

環境調査工事(隠しカメラ)

社内不正やご近所トラブルなど、連続する犯罪の犯人を調べます。

隠しカメラ工事例

導入にかかる費用

基本的に防犯カメラのお見積もりは、レコーダー、防犯カメラ、モニター、工事によって構成されます。特に工事代金は工事の方法によって大きく変わる場合があります。

こちらのページに目安の料金を掲載していますが、正確な料金につきましてはお問い合わせください

保守契約

防犯カメラは24時間、365日常に動いています。万が一の故障のために最長7年間、消耗品の交換や故障などをお任せできる保守契約をご検討ください。

あんしんメンテナンスパック

防犯カメラを最長7年保証! 定額のすべておまかせパックです。あんしんメンテナンスパックには消耗品であるハードディスクの交換も含まれていますので安心です。超あんしんメンテナンスパックには点検がついており、年間の点検回数はお客様でお選びいただくことができます。

防犯カメラのレンタル

名古屋防犯カメラセンターでは短期間、長期間問わず、防犯カメラを使用したい企業や個人、公共機関に向けてレンタルが可能です。今まで多くの工事現場やイベント会場、選挙事務所などに防犯カメラをレンタルしてきました。また、突発的なトラブルで予算のない公共機関でも初期費用なしで長期レンタルが可能です。

レンタル防犯カメラが必要な場合はぜひお問い合わせください。