初期費用0円
工事費用0円

防犯カメラの機能解説
バリフォーカルとは?

  • 導入実績
    8,000社
  • 顧客満足度
    97.8%

ビットレートとは?

ビットレート(bitrate)とは1秒間あたりのデータ量のことを言います。
この記事ではビットレートについて解説します。

防犯カメラとビットレート

ビットレートとは?

1秒間に処理できるデータ量

ビットレートとは、1秒間に処理できるデータ量のことを言います。
単位はbps(Bit Per Second)で表します。ビットは情報量の最小単位です。
数値が大きいほど通信量が多いということになります。

防犯カメラとビットレートの関係

ビットレートの数値が大きいほど、多くのデータが使われ画質や音質が向上します。
この数値は防犯カメラで撮影する映像の画質に関わりがあります。
カメラ側の撮影能力や圧縮能力、スイッチングHUB、レコーダーの処理速度と複雑に絡み合うため、防犯カメラを複数台を設置する場合は必ずプロにお願いしましょう。

ビットレートの値で変わること

ビットレートの値が低いと画質が劣化しますが、高ければ高いほどファイルサイズは大きくなるため必要なストレージ容量が増加し、システムに負荷がかかります。
防犯カメラの使用シーンによって適切なビットレートを設定することが大切です。

低bpsでもきれいに撮影するには

通常数値が大きければ大きいほどデータの通信量が増え高画質な映像がレコーダーに記録できますが、カメラの映像圧縮技術で低bpsでも良質な画質での記録が可能です。
録画期間の調整をする際にビットレートの調整をすることがあります。

防犯カメラの映像圧縮技術

低bpsでも映像圧縮技術で高画質で記録

LANケーブルで繋がるネットワークタイプの防犯カメラには様々な圧縮技術が搭載されています。
一般的なのはH.264という圧縮技術でしたが、H.265という新しい圧縮技術が搭載されているカメラもあります。
H.264はと圧縮効率が良く、画質も良好なので広く使用されています。
H.265はH.264よりも新しく、データ圧縮をさらに効率的に行い、同じ画質で約50%のデータ容量の削減が可能です。
映像の圧縮効率の高い防犯カメラであれば低bpsでもきれいな映像をレコーダーに記録できます。

防犯カメラの設置は専門店へ

防犯カメラ専門店で適切なカメラ選びを

この記事では防犯カメラのビットレートについて解説しました。
カメラを設置する台数や使用シーンによって適切なビットレートを設定する必要があります。
防犯カメラを設置する際に、できれば高画質で録画したいという方も多くいらっしゃいます。弊社では、設置場所、使用シーン、お客様のご希望するカメラのスペックをヒアリングし適切な防犯カメラをご提案しますので、設置をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

防犯カメラの機能・用語一覧を見る