防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME防犯カメラ活用方法・導入情報 > 屋外におすすめ 電気工事不要のソーラー防犯カメラ

屋外におすすめ 電気工事不要のソーラー防犯カメラ

公共施設・駐車場・公園・畑など屋外におすすめの防犯カメラ

電気がなくても、インターネットがなくても、wi-fi環境がなくても利用可能のソーラー防犯カメラをご紹介します。
【バッテリー内蔵】【SIM内蔵】【SDカード内蔵】で、ソーラーパネルで充電しながらSDカードに映像を記録し、さらにSIMを使ってスマホやPCで遠隔監視ができるすぐれものです。

防犯カメラの需要は広がり続け、屋外にある畑、農地、イベント会場、建築現場などで防犯カメラを用いることも多くなりました。
屋外で防犯カメラを設置する場合、電力の確保がネックとなることが多く、電気工事をする分設置費用がかさんでしまうという問題もありました。
そんなお悩みを抱える方におすすめなのが電気工事不要、インターネット工事不要で設置が出来るソーラー防犯カメラです。Wifiすら必要ありません。

料金(初期費用0円) 14,500円/月~(税抜)
SIM内蔵 バッテリー、SDカード1回交換費用を含む

※ 5年契約となります。価格は、設置するポールの有無、SIMで遠隔監視が出来る時間によって変化します。詳しくはお問合せください。

ソーラー防犯カメラとは

ソーラー防犯カメラとは

ソーラー防犯カメラとはスマホ

こんなお困りありませんか?

  • 屋外で監視カメラを取り付けたいが、電力の供給が出来ない。
  • 設置した防犯カメラの映像をスマートフォンで映像を見たい。
  • 防犯カメラの運用コストを抑えたい。
  • 設置後のメンテナンスにも対応してくれる業者に頼みたい。
  • Wi-Fiの防犯カメラなら手軽かと思って買ってみたが、うまく設置できなかった。

屋外に防犯カメラを取り付けたいというケースは多く、農業・畜産業の方や庭園、観光地など、多くの方にご相談を頂いています。
中には他業者でカメラの設置を相談し、電気工事が必要なため、工事費用が予算オーバーしてしまった上に納期も長くなってしまって困っているという方も。

防犯カメラの運用には電力が必須です。
また、撮影された映像を遠隔で監視したい場合、インターネット環境が必要となります。
ソーラー防犯カメラは、カメラに搭載されたソーラーパネルで太陽光エネルギーを電力に変換して動く防犯カメラです。
また、SIMカードを搭載しているのでインターネット環境がなくても、Wi-Fiが届かなくても通信が行えます。 電気がなくても、インターネット環境がなくても手軽に監視ができるソーラー防犯カメラは、屋外での防犯カメラ設置をご検討の方に大変おすすめなシステムです。

ソーラー防犯カメラの構造

ソーラー防犯の構造

ソーラー防犯カメラには80Wのソーラーパネルが搭載されています。
このソーラーパネルが日中に太陽光からバッテリーを充電し、夜間、カメラに電力を給電する仕組みです。
SIMカードが搭載されているので、インターネット環境がなくてもデータの送受信が可能となります。
更に、-20~55℃までの環境で稼働するので、暑い地域・寒い地域にもおすすめです。

ソーラー防犯カメラのメリット

メリット1 ソーラーパネルが太陽光エネルギーを電力に変換し給電

ソーラーパネルが搭載されているメリットは、なんといっても電気工事がいらないところ。
ソーラー防犯カメラのソーラーパネルは、太陽の光をエネルギー源にして日中バッテリーを蓄電、夜間、カメラに給電をします。
農園、庭園や、工場などでは度々電気工事をすることが難しく、カメラを設置する前に電気工事費用で予算が膨らんでしまうというご相談をいただくこともあります。
電気工事不要のソーラー防犯カメラはそういったお悩みをお持ちの方に最適と言えます。 また、ソーラー防犯カメラはバッテリーがフル充電されていれば太陽の光が当たらない雨の日が続いても、最長7日間、稼働することが出来ます。

更に、消費電力量が少ないところもメリットといえます。
エコに注力が必要とされる今の時代にあった、環境に優しい防犯カメラです。

メリット2 設置環境に応じて利用出来る2つの作業モード

ソーラー防犯カメラには「パフォーマンスモード」「プロアクティブモード」の2つの作業モードがあります。

○パフォーマンスモード
24時間連続の監視と録画が可能なモードです。
太陽が出ずエネルギーがチャージ出来ない場合も、5日間の使用・録画が可能です。

○プロアクティブモード

「24時間の監視は必要ないけど、録画は24時間しておきたい」
「なにかあった時にだけ通知をしてほしい」
という方におすすめのモードです。
24時間連続録画はし続け、動体検知時など、設定したイベントが発生した時のみ通知をします。

メリット3 軽くて丈夫

ソーラー防犯カメラは軽量であること、丈夫であることも大きな特徴です。
IP67の防塵・防水規格をクリアしており、雨風にも強く、屋外の設置に向いています。
様々な環境でシステムが正常に動作するよう、バッテリーにヒーターが内蔵されており、-20~55℃の環境での動作が確認出来ています。

メリット4 高画質で鮮明な映像

F1.0の超大口径レンズを搭載し、美しい映像が撮影出来ます。 暗い場所でも有用なので、夜間もしっかりと撮影が可能です。

メリット5 インターネット工事不要・Wi-Fiもいりません

ソーラー防犯カメラの映像は、スマートフォンで確認が出来ます。
通常、防犯カメラの映像を遠隔で監視するにはインターネットやWi-Fi等、通信が行える環境が必要ですが、SIMが搭載されていることによりインターネット工事不要・Wi-Fi環境も不要で遠隔監視が可能です。

SDカード内蔵で過去の映像確認も可能

防犯カメラ本体にSIM、SDカードが内蔵されているのでしっかりと記録がとれます。
なにかあった時はSIカードから過去の映像を確認出来ます。

ソーラー防犯カメラはこんなシーンでおすすめ

ソーラー防犯カメラは屋外の、電気工事が出来ない場所で非常に便利なカメラです。
公園や駐車場、農地、山林など、電気が通っていないが防犯カメラは必要という場は多数あります。
ソーラー防犯カメラが活用出来るおすすめの場所の例をご紹介します。

公共施設・公園

ソーラーカメラを公共施設・公園に

公共施設というと市民会館や病院などの建物を想像する方が多いかもしれませんが、緑地、公園、地方公共団体が管理する駐車場、墓地など、屋外の公共施設というのは意外にたくさんあります。
誰もが利用できる公共施設には様々な人が行き来します。
公共施設の中でも子供が多く利用する公園は、利用する子供たちを守るためにも防犯性を高めておきたい場所の一つです。
公園では連れ去り等の事件性のあるトラブルや遊具で遊んでいる時の事故など、気をつけたいリスクが多くあります。
公共施設を運営する上で、その地域に住む方々を守るためにも防犯カメラを取り付けることは必要かと思われます。
是非、ソーラー防犯カメラを公共施設の安全にお役立てください。
SDカードを内蔵しているので、万が一のときも過去の映像を見ることでトラブル解決の糸口になります。

駐車場

ソーラーカメラを駐車場に

駐車場と一口にいっても商業施設の駐車場からコインパーキング、月極駐車場など、駐車場の中にも色々種類がありますが 電気工事がされていない駐車場は多く存在しています。
空き家問題が提起される今、持て余した土地の活用として駐車場の経営を検討する方も多くいますが、駐車場の経営をするなら駐車場で起こり得るリスクの回避も考えなければいけません。
駐車場に潜む車の盗難リスク、当て逃げ等の事故の他、時間貸しの駐車場なら精算時のトラブルもありえます。
かといって、防犯カメラの設置のために電気工事をするとコストが・・・という方も多くいらっしゃるかと思います。
まれにご相談いただくのが個人で駐車場を経営されている方で防犯カメラ設置のコストを抑える目的で、ネットでWi-Fi対応の防犯カメラを購入し自分で取り付けて、ポケットWi-Fiを使って通信使用と思ったが、うまくいかなかったという内容です。
この理由としては電波が不安定な面や、屋外の防犯カメラの場合天候や気温などの設置環境の影響をダイレクトに受けてしまうので、設置面でうまくいかなかった例などがあります。
弊社のソーラー防犯カメラはIP67の防塵・防水規格をクリアし、屋外での設置に適した造りなのでおすすめです。

畑・田んぼ等の農地

ソーラーカメラを畑・田んぼ等の農地に

農業をされている方の中には作物の農具の盗難でお悩みという方が多くいらっしゃいます。
農地には明確な境目の無い広い土地が多く、防犯カメラを設置するには電力の供給と、インターネット環境が無いという問題がネックになるケースがよくありますが、ソーラーカメラなら農地全体の監視が可能となります。
作物の盗難が起きてもが内蔵されているので、映像を見返すことで問題の早期解決に役立ちます。

森林・公園

ソーラーカメラを森林・公園に

「森林窃盗」という犯罪をご存知でしょうか。
森林窃盗罪とは、森林の中で栽培されたものを盗んだ罪をさし、例えば森林に生えていた木を無断で伐採する、きのこや山菜を採取するなどがこれにあたります。
弊社でも所有の山林での盗難被害で防犯カメラ設置のご相談をいただくことがあります。
森林や公園の防犯カメラも、電気・インターネットの供給の面で防犯カメラの設置を断念される方がいらっしゃいます。
こういった環境においてもソーラー防犯カメラが役立ちます。

観光地

ソーラーカメラを観光地に

例えば庭園、花畑など、屋外にある観光名所はたくさんあります。
ソーラー防犯カメラは万が一トラブルがあった時の記録として役立ち、また、訪れる人の入りを確認することも出来ます。

工場

ソーラーカメラを工場に

工場のような広い敷地の場合、敷地内すべてで電気工事を行うことが難しいケースもあります。
工業地帯のパイプラインや電力網は人の目が届かない場所にあることが多く、ソーラー防犯カメラを置くことで、設備に異常が無いか、広い範囲で監視をすることが出来ます。

Wi-Fiを使う防犯カメラをおすすめしない理由

防犯カメラの専門店として様々な種類の防犯カメラをお取り扱いしている弊社ですが、実はWi-Fi接続を用いる防犯カメラの設置はおすすめしていません。

物理的に配線作業が難しいケースなどWi-Fiを使わざるをえないこともありますが、ネットワークの不安定さやWi-Fiジャマーという電波妨害装置による影響を受けてしまうという点は、24時間365日休まず動くことが必要な防犯カメラにとって致命傷です。

また、Wi-Fi対応の防犯カメラを好むお客様は、配線や配管の存在が気になるなど、建物の外観を気にされる方が多いのですが、電源が防犯カメラの近くにあるという環境でない限り、結局は配管工事が必要なケースが多いことも、弊社がWi-Fiの防犯カメラをおすすめしない理由の一つです。

よくあるご質問

Q.ソーラー防犯カメラの料金は?

A.月額14,500(税抜)~ご利用いただけます。
設置時に必要な工事の内容や、内蔵するSIMのプランにより料金が変わりますので、詳しくはお問い合わせください。

Q.相見積もりでも対応してくれますか?

もちろん可能です。
まずは現場にお伺いし無料の防犯診断、お見積りをさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

Q.雨の日が続いても大丈夫なの?

ソーラー防犯カメラには、カメラ本体にソーラーパネル、バッテリー、SIM、SDカードといった必要部品が内蔵されています。
フル充電された状態からであれば約5日間程度、連続で録画と監視が可能です。

Q.駐車場を運営していますが、防犯カメラのことはよくわかりません。何も知識がなくても大丈夫ですか?

もちろん大歓迎です。
まずはご不安な点やご希望をお聞かせください。
防犯カメラのエキスパートが現地へお伺いし、お客様の環境で考えられるリスクや適切な設置位置等をアドバイスさせて頂きます。

製品仕様

モデル DS-2XS6A87G1-L/C32S80
カメラ 8 MP ColorVu
バッテリー 320 WH
ソーラーパネル 80 W
動作環境温度 -20 ~ 55℃
防塵・防水 IP67
データ通信 内蔵式4G (LTE-TDD/LTE-FDD/TDSCDMA/EVDO)
0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

中部・関東で防犯カメラの設置ならおまかせください

株式会社トリニティーは中部圏(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、山梨県)・関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県)を中心に防犯カメラのご提案、設置工事、アフターメンテナンスまで一貫して行っている、防犯カメラを専門とする会社です。
本ページで紹介させて頂いたような屋外での設置に向いたソーラー防犯カメラシステムの他、個人宅で設置する防犯カメラ、畜舎に設置する牛舎用の見守りカメラ、空き家を見守る防犯カメラなど、お客様の目的・環境に応じた豊富な防犯カメラをご提案しております。
防犯カメラの設置は法人様、個人のお客様問わず可能です。
防犯カメラ・監視カメラのことならトリニティーへおまかせください。


Line友だち追加