名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ設置・工事事例設置例5 > 壁に穴をあけずに防犯カメラの設置工事

壁に穴をあけずに防犯カメラの設置工事 名古屋市

個人宅に防犯カメラを設置する場合、屋内と屋外を配線する「穴」が外壁に必要になります。
通常だと壁に穴をあけて、そこに配線を通すのですが、お客様によってはどうしても壁に穴をあけたくない、とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。
その場合、エアコンの室外機を設置するための穴を利用して防犯カメラの配線をする場合があります。
ただし、この方法をとると室内の見た目が悪くなり、一長一短があります。

ドーム型防犯カメラ

エアコン穴

エアコンの穴を使った場合の屋内の配線

外壁に穴をあけずにエアコンのダクト穴を使った施工を好む方もいらっしゃれば、ちゃんと外壁に穴をあけ、防水処理し配線をする方法を好まれる方もいらっしゃいます。
これは、好みの問題です。

壁に穴をあけない施工

防犯カメラを一軒家に施行しようと思うと、配線を屋内から屋外に出さなくてはいけません。
施工方法は建物により決まりますが、建物にビスを打ったり、穴をあけたりしなくてはいけません。
弊社では、出来るだけ建物にキズをつけずに施工するよう心掛けてはおりますが、穴あけ・ビス止めが必要な場合も多く。
お客様のご理解を必要とします。

戸建て住宅新築の防犯カメラ工事

新築中の防犯カメラ工事は、ハウスメーカーさんにカメラをつけたい旨をお話しするところから始まります。
配管の施工はハウスメーカーが行い、入線工事、機器取付工事は弊社で担当する場合が多いです。今回の案件は、既設のご自宅の防犯カメラ設置ですのでそのまま、弊社にご相談いただきました。

新築の場合は設計段階で配管の導入を

これから家を建てる方は、カメラ設置位置まで配管の施工をハウスメーカー側にお願いしてください。
弊社の施工費用が安くなり、施工後の仕上げもキレイに収まります。

※ すべてのお客様で穴あけをせずに配線工事が出来るわけではありません。ご理解をお願いいたします。

家庭用防犯カメラレンタル

ご家庭向けの防犯カメラレンタルプランです。名古屋市では一般のご家庭にレンタルで防犯カメラを設置するお客様が増えています。

家庭用防犯カメラレンタル

家庭用防犯カメラレンタル


2018年度 求人情報

防犯カメラ あんしんメンテナンスパック

スマホで防犯カメラ監視

高画質カメラ AHD

パナソニックのネットワークカメラ

工事事例多数あり

セーフティニッポン

「お客様専用ご相談窓口」導入後の困ったを解決します。

豊富な在庫

200種類以上の防犯用品を在庫しています。
販売価格・工事費用
についてもご相談下さい。

簡易ポート開放チェック

ホームセキュリティの新提案

株式会社トリニティー