名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ防犯カメラ防犯カメラの種類 > 遠隔監視のための機器 パソコンで見る防犯カメラ

パソコンやスマホで防犯カメラの映像を見る

遠隔監視

防犯カメラの映像を遠隔監視(離れた場所の映像を遠隔地で閲覧する)することは一般的になってきました。弊社のお客様でも約50%の方が遠隔監視をご希望されます。

最近では、スマホ携帯でいつでもどこでも防犯カメラを設置した場所の様子を閲覧することが出来るようになり、業務や生活の中で便利に使われています。

ネットワーク環境や現在お使いのパソコン、携帯等の制限によりシステムの組み方も変わってきます。 また弊社では月額無料のでDDNS(ダイナミックDNS)を使った遠隔システムもございますので一度ご相談ください。

遠隔監視の種類

レコーダーで遠隔監視(スマホとパソコン)

スマホ、パソコン対応サムスンDDNS

ネットワーク、特に光ファイバーのインフラが進み大容量の情報伝達が可能になりました。それに伴い、防犯カメラの映像を遠方で確認するシステムを導入する会社が非常に増えています。 『毎日支店間を行き来することを考えたら月々1万円程度の料金はとっても安い』といってもらえることが非常に多く、経費の削減にも役立てていただいています。

通常、防犯カメラの遠隔監視をパソコンで行う場合、『固定IPアドレス』もしくは『DDNSルーター』が必要になります。 弊社のレコーダーを使えばそういった有料のサービスや機材を使うことなく【無料】で遠隔監視が可能になります。

アツミ電気 IP画像送信機 AVT1100SD

(パソコンとスマホで見る)アツミ電気 IP画像送信機 AVT1100SD

ネットワークを介して、パソコンで通常の防犯カメラ映像を遠隔監視をするタイプになります。 カメラを4台まで接続可能。固定IPアドレスが必要ないためランニングコストが抑えられます。

メールにてIPアドレスを確認出来るので、旅先でもインターネットの環境さえあれば閲覧が可能です。静止画ですが、携帯でも確認が出来ます。センサーを付けて侵入があったときに映像をメール通報させることも可能です。

(普通の携帯で見る)携帯電波映像通報システムコントローラ C-604VF2(タケナカエンジニアリング)

(普通の携帯で見る)携帯電波映像通報システムコントローラ C-604VF2(タケナカエンジニアリング)

4chのセンサー入力とそれぞれに対応する映像と音声が入力できます。また緊急入力用の映像として1ch~4chの映像のうち一つを設定できます。

外出先や移動中にFOMA端末のプッシュ信号(DTMF信号)操作で遠隔制御ができます。 カメラ映像の切り替え(1ch~4ch)、警報音(総合出力)の出力、コントローラ内蔵スピーカーや外部スピーカーからの音声威嚇ができ、警備状況の確認ができます。 ※ただし、FOMA SIMPUREシリーズなどDTMF信号が出ない機種は、着信のみで各種コントロールはできません。(パソコンで見ることは出来ません。)

事務所や店舗などの状況をFOMA端末から簡単に確認できます。外出先でもリアルタイムな状況が把握でき、異常があった時にもすぐに対応できるコントローラです。

(パソコンで見る)ネットワークカメラ専用サーバ SNR-N400

(パソコンで見る)ネットワークカメラ専用サーバ SNR-N400

14社350モデル以上のネットワークカメラに対応しています。対応カメラについては順次拡大中です。

高画質なメガピクセルカメラへの対応も順次拡大中です。Motion JPEG、MPEG-4に加え、H.264圧縮方式にも対応しています。 ※解像度、圧縮方式などについてはカメラの性能に依存します。SATA HDDを2台搭載することにより、長時間・高画質な録画に対応できます(RAID 0/1 に対応)。

Microsoft Internet Explorerでライブ映像監視、録画再生、各種設定などほぼすべての機能を操作できます。先進のWeb技術により直感的で使いやすいインターフェースになっています。 UPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)検索機能により、ネットワーク上のカメラを検出できるため、カメラ登録を簡単に行うことができます。

(パソコンで見る)ネットワークカメラ専用サーバ SNR-N800

(パソコンで見る)ネットワークカメラ専用サーバ SNR-N800

14社350モデル以上のネットワークカメラに対応しています。対応カメラについては順次拡大中です。

高画質なメガピクセルカメラへの対応も順次拡大中です。Motion JPEG、MPEG-4に加え、H.264圧縮方式にも対応しています。 ※解像度、圧縮方式などについてはカメラの性能に依存します。SATA HDDを4台搭載することにより、長時間・高画質な録画に対応できます。 RAID 0/1/5/5+スペア/10 に対応しています。データ保護や最大容量使用など目的に応じてRAIDレベルをお選びいただけます。 ※ただし、FOMA SIMPUREシリーズなどDTMF信号が出ない機種は、着信のみで各種コントロールはできません。(パソコンで見ることは出来ません。)

事務所や店舗などの状況をFOMA端末から簡単に確認できます。外出先でもリアルタイムな状況が把握でき、異常があった時にもすぐに対応できるコントローラです。

対応パソコンのスペックについてはお問い合わせください。

様々なインターネット環境

映像の通信は比較的容量が多いため、光通信のインターネット回線が必要です。ただ、インターネットが引けない場所や状況下ではモバイルWi-Fiを利用することもあります。その場合、ライブ映像、録画映像の質を落として、通信し映像を送信します。お客様の状況に合わせてご提案をさせていただいております。

企業の遠隔監視は必要不可欠な時代へ

防犯カメラを遠隔監視することで、人員の削減、経費の削減をする会社が増えています。一人の管理者がたくさんのロケーションを交通費を使わずその場で瞬時に確認できるようになったからです。
また、その逆に様々な社内トラブルからカメラを設置せずにはいられない状況になる企業も出てきています。
情報漏洩や食品への異物混入など、ほとんどのトラブルは人的問題から来ており、スタッフの監視をしっかりしていないと非常時に何も対策をとっていなかったと、企業が非難を浴びます。
また風評被害も今ではSNSなどですぐに拡散し、企業側も大ダメージを受けるニュースが後を絶ちません。