初期費用0円
工事費用0円

防犯カメラの機能解説
AIカメラとは?

  • 導入実績
    8,000社
  • 顧客満足度
    97.8%

AIカメラとは?

AI技術が発展し、近頃防犯カメラにもAIの技術が活用され様々な機能を搭載したカメラが登場しています。
この記事ではAIカメラができることや、活用方法を解説します。

AIカメラができること

AIカメラで人物や行動を検知

AIカメラとは、人工知能を活用し、人物や特定の行動を自動で検出する機能を持つカメラのことです。
近年特に開発が進み、防犯カメラの防犯性をさらに高めるセキュリティとしての活用の他、店舗分析や混雑状況の把握など、各社から様々なAIカメラサービスが展開されています。
AIカメラの多くはエリア内に入ってきた人や車を検知するものですが、顔認証機能で勤怠管理をしたり、倒れた人を検知する転倒検知やウロウロしている人を検知するうろつき検知など、行動認識による検知も増えつつあります。

AIカメラが活用される場面

  • 介護施設などで利用者の転倒・徘徊防止
  • オフィスなどで顔認証による入退出管理
  • 防犯対策として泥棒などの侵入者を検知し通知
  • 駐車場で不審な車両などの検知

AIカメラの種類

AIカメラにはAI機能が防犯カメラ自体に内蔵されているものと、AI機能を後からオプションとして外付けするものがあります。
弊社ではAI機能内蔵の防犯カメラと、後付けでAIシステムを付ける2種類のAI人検知システムからお選びいただけます。
防犯カメラの設置台数や使用シーンによってどちらが良いかは異なりますので、ご利用をお考えの方はお問い合わせください。

AIを後付けできる トリニティーAI

トリニティーAIは、防犯カメラに後付けで接続するAIシステムです。
既存のAI機能がないカメラに人検知機能を持たせることは可能で、トリニティー製のカメラでなくてもAI検知を利用できる場合があります。
設定したエリアに人や車、バイクなど外部からの侵入を検知するとLINEで通知します。
AI検知を使用する時間帯や、検知する感度、時間あたりの検知数などをお客様のニーズにあわせて調整させていただきます。
最高4台の防犯カメラに接続できるので、設置台数が多い場合にはコストカットができるサービスです。
防犯カメラの必要台数が多い工場や大型店舗などに導入されることが多いシステムです。

トリニティーAI 詳細

低コストでAIを利用できる トリニティーAIライト

トリニティーAIライトは、カメラにAI機能が内蔵されているものを弊社のサーバーと繋げ、エリアに侵入した人物や車を検知しLINEに通知します。
カメラ1台から導入でき、高額なAI機能・通知機能をわずか月額2,000円でご利用可能です。
1台から低コストで導入が可能なので、防犯カメラが1~2台設置されている戸建て住宅などの個人宅などでも導入されることの多いシステムです。

トリニティーAIライト利用可能機種

TR-IP8510

TR-IP8510

TR-IP9510

TR-IP9510

TR-IP8510、TR-IP9510はAI機能を内蔵した防犯カメラで、トリニティーAIライト対応機種です。
500万画素の高画質な防犯カメラで、撮影した対象を詳細に確認することができます。
また音声の記録も可能な高性能な防犯カメラです。

トリニティーAIライト 詳細

AIとカメラと工事を一元管理

AI開発、カメラの製造、設置工事まで対応

トリニティーは、AIの開発、カメラの製造、施工をすべて一貫で行っており、適切なAIを適切なカメラで動かし、適切な工事で納品することができます。
OSからハードウェア、販売まで一元管理で行っているアップル社の手法を模倣してトリニティーでも一元管理体制を整えています。
AI検知を利用した防犯対策や、企業の業務効率化などAIカメラの使用シーンによって防犯カメラのプロがお客様に最適なプランをご提案いたします。
防犯カメラの設置をお考えのお客様はお気軽にお問い合わせください。

防犯カメラの機能・用語一覧を見る