防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ設置・工事事例施工事例5 > 島田市の工場に防犯カメラを設置

島田市の工場で防犯カメラを設置工事させていただきました

工場内に防犯カメラを設置したいと島田市の会社からお電話をいただきました。いくつか出入りの電気屋さんに頼んだら配線距離が長すぎるから専門の業者に頼んだほうがいいといわれたとのことで、インターネットで専門業者を探して弊社を見つけていただいたそうです。ありがとうございました。
大きな工場の防犯カメラシステムではエクステンダーという装置を使って配線距離を伸ばします。一昔前はアナログのカメラだったので多少配線距離が伸びて映像が劣化しても映像を表示できないということはありませんでしたが、200万画素という高画質で映像を伝送するようになり、長距離配線が難しくなっているのも事実です。弊社ではこのような工事ばかりしていますので、経験豊富です。
今回はデジタル信号のネットワークカメラを使っていますので、映像が一切劣化しません。

鉄管を使った配線工事

ポールに防犯カメラを設置

スチールボックスにカメラ信号の伝送装置

スチールボックス内配線

LANケーブルで送るはずの信号を同軸ケーブルに変換したり、またその逆を行ったりすることができます。また、大容量無線LANを使う場合もあれば、光ケーブルを使うこともあります。お客様の建物、敷地の状況に合わせて、システムを構築し防犯カメラを施工します。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

島田市での防犯カメラ工事

島田市では工場や倉庫、マンションやアパートといった建物に防犯カメラを設置することが多いのですが、最近では商業施設にもお引き合いをいただいております。島田市で防犯カメラの設置をお考えの方は、ぜひ防犯カメラセンターにお問い合わせください。

防犯カメラとネットワークカメラの違い

一般的な防犯カメラは同軸ケーブルでつながっていますが、ネットワークカメラはLANケーブルでつながります。ただ、ネットワークカメラ(IPカメラ・WEBカメラともいう)は防犯カメラの一種で、防犯カメラ自体はすべての定点カメラの総称でもあります。弊社では、お客様の状況に合わせてどういったカメラが費用、機能、運用のすべての面においてマッチしているかを考え提案させていただきます。

防犯カメラセンターが選ばれる理由

防犯診断から、工事、メンテナンスまでワンストップでご提供

工事までの流れ

防犯カメラを初めて導入される方は、情報がないと費用や施工業者に不安を感じると思います。
弊社では、危機管理の方法から費用の面までまとめてコンサルティングさせていただきますので施設の防犯担当者の方はぜひご相談ください。
島田市における防犯カメラ導入は、防犯診断から、設計、施工、アフターフォローまですべてを防犯カメラセンターにお任せください。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら