名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

名古屋防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ防犯サービス > 集合住宅のオートロックシステム(集合玄関機)のリニューアル工事と修理
マンションのオートロックインターホンシステム改修取り換え工事

更新日 2019年9月13日

マンションのインターホン
リニューアル工事

オートロックのマンション・アパートを経営されている方で、インターホンの改修工事の見積もりを見てびっくりされた方は多いと思います。できるだけ安く、古いインターホンオートロックシステムを取り換え、新しいカメラ付きオートロックシステムをご提案します。

マンションのインターホンは2000年以前のものは修理ができず交換工事が必要となります。バブル期、平成10年よりも前に建設されたマンションなどのオートロックシステムが現在リニューアル対象の物件になります。
分譲マンションであれば理事会に出席させていただき、リニューアルのメリットやデメリットをお話しさせていただく事もできます。オートロックシステムの改修工事は、当社にご相談ください。パナソニック、アイホン、どちらのメーカーも取り扱いできます。

マンション インターホン

マンション用(集合住宅用)のインターホンオートロックシステムは約15年が寿命とされています。
設置から15年を過ぎるとメーカーに部品がなくなり修理すら出来なくなります。
15年を過ぎたあたりから一気に故障の頻度も高くなり、早急にシステム全体のリニューアル(取り換え)が必要になります。

私どもでは、名古屋を中心に愛知、岐阜、三重、静岡で、パナソニック(旧松下、ナショナル)、アイホンのオートロックシステムリニューアル工事を多く承っております。

できるだけ安く
オートロックを改修工事する

大事に使おう修繕積立金

オートロックの改修費用は戸数×10万円が相場

マンション・アパートのオートロックシステムは戸数×10万円が相場です。
30戸のマンションであれば、300万円、50個のマンションであれば500万円です。
戸当たり10万円は、1か月から2か月分の賃料に匹敵し、大家さん・マンション管理組合にとってはかなりの痛手です。
15年ぐらいがインターホンの改修工事目安ですので、もう3回目のリニューアルが迫っている、というマンションも多いのではないでしょうか。
戸当たり10万円からどれだけ安くできるか、が重要です。

オートロックシステムの価格

修繕費安くおさえて利回りOK

実際の価格はお電話でお問い合わせください。戸数や現在の故障の状況などに応じて価格は変動します。アイホン・パナソニックどちらも取り扱いがあります。

オートロックシステム 20戸のマンション

カメラ付録画オートロックシステム

定価421万円 → 200万円 → さらにお値打ちに。お問合せください。

※基本工事費込みの料金です。月々払いのお支払も可能です。

オートロックシステム 40戸のマンション

カメラ付録画オートロックシステム
定価635万円 → 400万円 → さらにお値打ちに。お問合せください。

※基本工事費込みの料金です。月々払いのお支払も可能です。

オートロックシステム 60戸のマンション

カメラ付録画オートロックシステム
定価987万円 → 600万円 → さらにお値打ちに。お問合せください。

※基本工事費込みの料金です。月々払いのお支払も可能です。

オートロックシステム 80戸のマンション

カメラ付録画オートロックシステム
定価1230万円 → 800万円 → さらにお値打ちに。お問合せください。

※基本工事費込みの料金です。月々払いのお支払も可能です。

オートロックのシステムはほぼパナソニックとアイホン

日本のオートロックのシステムのシェアの大半はこの2つのメーカーで占められています。
特にアイホンのおひざもとであるこの地域、愛知、岐阜、三重、静岡では、アイホンのシェアが高いそうです。
この2社の見積もりをどこから取るか、というのが重要です。
というのは、建築では当たり前ですが、
メーカー→問屋→問屋→工事会社→ビル管理会社→マンション管理組合(及び賃貸マンションオーナー)
となっており、メーカーに近ければ近いほうが価格が抑えられます。
パナソニック社とアイホン社に近い販売店から購入するのが価格が安くなります

弊社ではパナソニックとアイホンのオートロック・インターホンシステムの両方をリニューアルする事ができます。
修理が不可能の場合、若しくは修理した方がよい場合、現状のオートロックシステムの故障の状況や機種を下見させていただく事でしっかりとしたお見積をご提出できます。

直接、販売店に注文して改修工事費用を安く

最近では、マンション管理会社を通さずに多くのマンション理事会・マンションオーナー様が弊社に直接お電話をいただき、直接お申し込みをいただきます。
マンション・アパートの維持費は年々高くなる傾向があり、少しでも経費を節約したいとおっしゃる方がほとんどです。
オートロック・インターホンシステムはリニューアルをするとかなり高額になりますので、少しでもお安く導入させていただけるよう努力をしております。

オートロック式マンションの必要性

マンションを借りる方でマンション選びの基準となっているのがインターネット無料とオートロックシステム。
年代によっても変わりますが、女性の一人暮らしでは、オートロックは必要不可欠だそうです。
隣人がどんな人かもわからない時代ですので、もはや必須のマンション設備といっても過言ではありません。

空き巣はインターホンで留守を確認します。

泥棒の45.7%はインターホンで留守を確認すると言われています。
(出典:財団法人 都市防犯研究センター)
最近では、録画のできるインターホンが増えており泥棒が嫌がる設備のひとつとなっています。

カメラ付きは最低条件

オートロックのリニューアルのタイミングでカメラ付きインターホンに変えるマンションが増えています。以前は、カメラ無しでも問題なかったのが、インターホンがカメラありと無しで入居を考える方も増えているのだそうです。

古いオートロックの不具合の種類

弊社では、15年以上たっているマンション・アパートのオートロックシステムは基本、修理しません。
修理してもまたすぐ別の場所が壊れて、修理をすることになるからです。
弊社は、何度も修理費用をいただけますが、お客様は余計なお金を払わなくてはいけなくなります。
15年を目安に壊れたら諦めて入れ替えをご検討ください。

住戸玄関子機

インターホン住戸玄関子機

住戸玄関に設置してあるインターホンです。
下記の症状の外に雨風の強い日に誰も押してないのに鳴る、といった症状もよく聞きます。
また、カメラなしからカメラ付に変更することも可能です。

  • 呼び出し、通話が出来ない。
  • 呼び出し音が鳴らない
  • 呼び出しボタンが押せない

居室親機

インターホン 居室親機

居室内に訪問して取り替える工事もすべてこちらで行ないます。
最近は受話器型からワンタッチのタッチパネル式に変わってきています。
留守宅には後日訪問工事をする場合もあります。

  • 呼び出し、通話が出来ない
  • 呼び出し音が鳴らない
  • 呼び出しボタンが押せない

集合玄関機

共同住宅のインターホン集合玄関機

共同住宅では、集合玄関機が故障するとオートロックが解錠出来なくなって大変なことになります。
また、オートロックシステムが故障して機能していないマンションも多く見かけます。

  • オートロックが解錠出来ない
  • 住戸を呼び出せない
  • 通話音声に雑音が混じる
  • パネルの文字が変色して(すり減って)見えにくい
  • 電源が入らない

管理室親機

インターホン 管理室親機

マンションには管理室がない場合もあります。
現在設置されているけれどもリニューアルの段階で必要なければ削ることもできます。

  • 呼び出しできない住戸がある
  • 誤報が多くなった
  • 通話音声に雑音が混じる
  • 電源が入らない・信号が来ていない

オートロックの改修工事を申し込んだら

お客様はお申込みいただいたらもう何もしなくても大丈夫です。
改修工事完了までの流れは以下の通りです。

インターホンオートロック取替工事までの流れ

インターホンの取り替え工事はマンション管理組合、マンション管理会社、オーナー様と打合せをしながら進めていきます。
名古屋、愛知、岐阜、三重、静岡でインターホン取替工事を行なうことが可能です。
また設置工事は、在宅状況などを加味して1~3日ほどで完了するのが一般的です。

現地調査から、設計、施工、販売、アフターフォローまですべてを弊社にお任せください。

インターホン・オートロック修理工事日当日は

基本的に立ち会っていただかなくても結構です。事前に張り紙・ポスティングでインターホンの修理を告知していますので、インターホンを鳴らしながら一軒一軒、お伺いし、工事を進めます。
留守にされている方には後日工事のアプローチもいたします。

取り替え時期のインターホン設備機器

アイホン社製、パナソニック社製(松下電工製、松下通信工業製)の過去のインターホン、オートロックシステムの中で、取り替え時期が過ぎている製品、もしくは現在取り替え時期が来ている製品を紹介します。
お客様のマンション用インターホンシステムがこれらの機種に当てはまる場合はリニューアルをオススメします。
私たちの住む名古屋、愛知を含む東海地区はアイホン社のお膝元ということもあり比較的アイホンのインターホンのシェアが他地域に比べて多い気がします。
まれに日本インターホン社製のオートロックシステムをお使いのマンションは、パナソニックかアイホンでリニューアル交換させていただきます。

取り替え時期の来ているアイホン製マンション用インターホンシステム
発売時期 インターホン型式 方式
1980年代後半 VDX テンキー式
1990年代 VEX テンキー式
1990年代 VGX テンキー式
1990年代後半~ VHX テンキー式
取り替え時期の来ているパナソニック製(松下製)マンション用インターホンシステム
発売時期 インターホン型式 方式
1990年代前後 Nシリーズ(映像:同軸線仕様) 多重伝送方式
1980年代後半~ 新集住システム FAレス方式
1990年代 Nシリーズ(映像:ペア線仕様) 多重伝送方式
2000年代 MICS  
2000年代 デジタルペア線システム テンキー式

※ 一般的に居室内の親機が【受話器】の形になっているモノが取り替え時期の来ているインターホンといえます。

リニューアルする集合玄関機

パナソニック 集合玄関機 ウインディアとクラウジュ
品番 品名 内容
VGW5141S マンションHA Dシリーズ用制御部分離型カメラ付ロビーインターホン 10キー、逆マスター解錠機能付・ホワイトシルバー
アイホン 集合玄関機 PATMO(パトモ)、DASH WISM(ダッシュウィズム)、VIXUS ADVANCE(ヴィクサス アドバンス)
品番 品名 内容
VHXD-KDLM-S カメラ付集合玄関機 色調:シルバー
VHXD-KDLM-B カメラ付集合玄関機 色調:ブラウン
VHXD-DL-S 集合玄関機 色調:シルバー
VJX-DLMUA 集合玄関機 色調:シルバー
GBX-DLMU GBX-DLU カメラ付・なし集合玄関機 パネルなし

モニター付オートロックシステムの運用

共同住宅、集合住宅のオートロック、インターホンシステムのリニューアル

現在のオートロックシステムのほとんどがモニターテレビ付(カメラ付き)となっています。
セキュリティ上、来訪者をモニターでしっかりと確認してから解錠をします。
また、ほとんどのオートロックシステムには解錠用のパスワードが存在しますがこれを人に教えないことが大前提となります。
また、不可避な状況で人にパスワードを教えたとしても年に何度かは変更を行なうようにしてください。
また、共連れといって入居者が解錠するタイミングで一緒に不審者が侵入するケースがあります。
これは現在のオートロックシステムでは排除ができません。
エントランスを出入りする際に、不審な共連れ入館者がないか、居住者自身で目配りを心がける必要があります。

パナソニック マンションHAシステム

パナソニックのマンションHAシステムは分譲マンション向け賃貸マンション向けがあり、最近ではウインディアのシリーズをよく販売させていただいております。

アイホン 集合住宅用インターホンシステム

アイホン社も住宅用インターホンシステムには分譲マンション用と賃貸マンション用があります。最近では【パトモ】シリーズをよく販売させていただいております。