防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOMEネットワークカメラ > 360度全方位を撮影できるネットワークカメラ

360度全方位を撮影できるネットワークカメラ

360度(全方位)カメラの比較~おすすめ3選~

360度カメラ(全方位カメラ)とは、上下左右の空間を一度に撮影できるカメラです。
魚眼カメラ、フィッシュアイカメラとも呼ばれています。
防犯カメラとして考えた場合、エリアをカバーするために、従来のカメラと比べてカメラ台数や配線が削減できるため費用対効果を高めることができます。
ただし、360°全方位カメラを設置した場所からのアングルとなるので被写体までの障害物・遮蔽物などを考えて設置する必要があります。
360度カメラはモデルに応じて「360度の全体表示」「180度のパノラマビュー」「4分割表示」などを提供できる点も特徴のひとつです。
撮影した動画から必要なデータを抜き出す際に最適な見方を抽出することが可能となります。
このページでは、防犯カメラとして360度カメラを設置する際の選び方のポイント、また、おすすめの360度カメラをご紹介します。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

360度全方位カメラの種類

360度全方位カメラは防犯目的だけではなく玩具などにも応用されており、豊富な種類がラインナップされるようになりました。
目的や用途により種類が増えた360度カメラについて、違いの見方ををご紹介します。

撮影範囲

全天球カメラと呼ばれる360度カメラでは上下左右前後、つまり、360度×360度の全方位を同時に撮影できるタイプのカメラがラインナップされています。
面白動画の撮影や記念となるシーンを残しておくためなどによく活用されるほか、現場の記録など比較的短い時間に撮影する際に活躍します。
一方、防犯カメラとして活用される360度カメラは360度/180度の半球撮影タイプが多用されます。
天井や壁に設置して使用することが多いからです。
この360度/180度カメラも360度全方位カメラと呼ばれます。

シングルセンサーとマルチセンサー

360度全方位カメラが市場にではじめたのは2013年頃です。当時のカメラには、広角レンズ(魚眼レンズ)を備えたシングルセンサーカメラを使用することが通常でした。
ソフトウェアによる画像解析技術が発達した現在では、標準レンズで撮影した動画を組み合わせることで精細な映像を提供する、複数のレンズを備えたマルチセンサーカメラもラインナップされるようになっています。

シングルセンサー

シングルセンサーの360度全方位カメラは、ケーシング・シングルセンサー/広角レンズで構成されます。
センサーが1つであるためマルチセンサーカメラよりも小型にできあがること、取り付けが容易であることという特徴があります。
シングルセンサーカメラを天井に設置すると、360度の円形魚眼ビューが撮影できます。
エリアを完全にカバーすることができる反面、ビューの端ではピクセル密度が低くなるため、高度な識別や判定などを目的とする設置には不向きです。

マルチセンサー

マルチセンサーの360度全方位カメラは、1つのケーシングのなかに複数のセンサー/レンズ(通常3個)を搭載しています。
複数のセンサーがわずかに重なり合った画像を撮影し、それらをソフトウェアによってつなぎ合わせることで180度のゆがみないパノラマビューが生成される仕組みです。
大きな特徴は、標準レンズを使用しているため画像のゆがみを補正する必要がなく、少ない消費電力で動かすことができることです。
標準レンズの使用は、すべてのビューでピクセル密度が高く安定した高画質を提供することにも役立っています。
複数のセンサーではあるもののケーシングがひとつであるため、1本のネットワークケーブルと1個のソフトウェアライセンスで設置でき、従来のネットワークカメラを同じセンサー数設置するよりも安価に仕組みの構築ができる点も魅力です。

360度全方位カメラを選ぶポイント

360度全方位カメラを選ぶ場合には、目的や設置環境に合わせて、撮影範囲・カメラとしてのスペック(解像度など)を選択してください。

画像解析や識別を目的とする場合

例えば市街地の監視やスタジアムなど、広い範囲を高画質で撮影したい場合には、半球(360度/180度)撮影・低いゆがみと高画質のマルチセンサーカメラがいいでしょう。
全方位にわたる人物の顔認証から、俊敏な動きのスポーツ選手を精度良く撮影・録画することまで柔軟に対応可能です。
マルチセンサーを採用した半球の360度カメラは、市街地やスタジアムの他に、空港、駅大学キャンパス、貨物配送センターなどの監視にも適しています。

小規模な範囲で主に防犯目的として使用する場合

例えばちょっとしたブティックやガソリンスタンドなど、比較的狭い範囲を撮影したい場合には、半球(360度/180度)撮影・シングルセンサーカメラが適しています。
シングルセンサーカメラはマルチセンサーカメラに比べてカメラ自体の大きさが小さいため、店舗においても圧迫感がありません。
ビューの淵に行くほどピクセル密度が小さくなるという性質があるので、カメラを設置場所はよく検討する方がいいでしょう。
シングルセンサーを採用した半球の360度カメラは、ブティックやガソリンスタンドのほかに、ホテル、学校、オフィス、レストランなどにも適しています。

面白い動画を撮影する目的なら・・・

ネットワークカメラ

アウトドアや旅行先でのプライベートな記録、また、SNS発信などを見越した面白動画の撮影のためには、360度×360度(全天球)撮影の、広角レンズ(魚眼レンズ)を採用した360度全方位カメラが適しているのではないでしょうか。
撮影対象だけではなく撮影している本人も同時に記録できることや、広角レンズならではのゆがみある動画や画像を撮影できることが、遊びを楽しめるポイントです。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

おすすめの360度全方位カメラ

防犯カメラセンターでもさまざまなケースで360度カメラの設置をお手伝いさせていただいてきました。
これまでの経験をもとに、防犯カメラとして設置する場合におすすめの360度全方位カメラを3製品ご紹介させていただきます。
※予算や設置目的・設置環境によって、それぞれのお客様に最適なカメラは異なることをご了承ください。

パナソニック:『WV-X4571L』

WV-X4571L

  • 最大解像度:2992×2992(約9メガピクセル)( ※最大30フレーム/秒で動画配信可能)
  • 夜間対応:○
  • 防水対応:○(IP66)
  • 防水対応:○(IP66)

WV-X4571Lの特徴

WV-X4571Lは、全方位の屋外(屋内はWV-X4171)防犯カメラ(ネットワークカメラ)です。
PoE給電可能で、LANケーブル一本で映像信号と電源供給を行います。

  • 赤外線照明搭載により、照度0ルクス環境下でも最大半径10m先まで撮影可能
  • カメラ側でゆがみ補正を施し、パノラマ、4分割、コーナー、コリドール表示などのビューを生成可能
  • 屋内外対応(IP66)
  • 高画質映像と消費電力の大幅な節約を実現(スマートコーディング技術搭載による、低ビットレート高画質ストリーム。従来モデルに比べデータ量を最大50%削減)
  • 独自技術のインテリジェントオート(iA)機能搭載で視認が難しい環境でも高度な識別精度を保持

アクシスコミュニケーションズ:『AXISM9058-PLVE』

AXISM9058-PLVE

  • 最大解像度(ピクセル):2992×2992
  • 夜間対応:○
  • 防水対応:○(IP66)

AXISM9058-PLVEの特徴

外部環境を選ばず高精細な撮影が可能

OptimizedIR搭載で暗闇でも撮影可能。
また、暗い部分と明るい部分が並存する場合には、フォレンジックWDRによって可視性を確保。
さらにLightfinderテクノロジー搭載で低照度環境にも現実に近い色を映し出す。

高画質映像と消費電力の大幅な節約を実現

AxisZipstreamテクノロジー搭載。
ビデオストリームをリアルタイムで分析、映像内の重要なエリアを特定し、重要でないエリアの圧縮によりストレージと帯域幅を最大50%低減。

  • パノラマ、4分割、コーナー、コリドール表示などのゆがみ補正されたビューを生成可能。
  • 最大4つのエリアでPTZ操作が可能。
  • 屋内外対応(IP66)
  • 再塗装(オプションのブラックスキンカバー使用で容易に再塗装できるため、環境になじみやすい色へ変更可能。)

ハンファテックウィン:『PNF-9010KRVN』

ハンファの全方位防犯カメラ,フィッシュアイ

  • 最大解像度(ピクセル):2992×2992
  • 夜間対応:○
  • 防水対応:○(IP66)

PNF-9010KRVNの特徴

PNF-9010KRVNは、12メガピウクセルの屋外設置可能全方位360度防犯カメラです。
もちろん防水性能も備わっていますので屋外での仕様ができます。
さらに赤外線が発光し、0ルクスの完全な暗闇でもしっかりと撮影することができます。(屋内用はPNF-9010KRN)

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

360度全方位カメラ まとめ

防犯カメラとして360度全方位カメラを設置する場合の、360度全方位カメラの選び方、おすすめの360度全方位カメラについてご紹介させていただきました。
360度全方位カメラは、同程度の監視エリアに対して少ない設置台数で対応できることや、複数のセンサーをひとつのケーブル・ソフトウェアライセンスで運営できることなど、多くの魅力があります。
一方で、実際に映像を見たらやはり従来のカメラの方が使い勝手がいいといった声も聞こえてきます。
導入を検討される場合は、360度全方位カメラと従来のカメラの撮影映像を見比べながら、それぞれの操作性などもよく比べてみてください。

防犯カメラの販売・取付やメンテナンスは関東・中部・関西全域で