初期費用0円
工事費用0円

戸建て住宅に適しているセキュリティは?
防犯カメラとホームセキュリティを比較しました。

  • 導入実績
    8,000社
  • 顧客満足度
    97.8%

戸建住宅に適しているセキュリティはどっち?
防犯カメラVSホームセキュリティ

「泥棒に入られた」、「近所で空き巣被害があった」などの既に起きているトラブルや、「盗難被害の多い車種の車を購入した」など、未然にトラブルを防ぐための対策として自宅のセキュリティ強化をお考えになる方が多いのではないでしょうか。
戸建て住宅にはどういった防犯対策が一番効果的か?この記事では防犯カメラとホームセキュリティを比較し、それぞれの特徴を解説します。 ご自宅の防犯対策にお悩みの方はご参考にしてください。

防犯カメラとホームセキュリティの比較

防犯カメラとホームセキュリティのメリット・デメリットを比較しました。
どちらの防犯対策が適しているかは家族構成やライフステージにより異なります。また、ご自宅のどこのセキュリティを強化したいか?によって防犯カメラが適しているのか、ホームセキュリティが適しているのかも変わってきます。

防犯カメラとホームセキュリティのメリット・デメリット

  防犯カメラ ホームセキュリティ
設置工事 必要 必要
防犯抑止力 高い 高い
鍵を預ける必要 なし あり
警備員の派遣 なし あり
映像のスマホ確認 あり なし
屋外敷地内の防犯 あり なし
セキュリティの
セット・解除の必要性
なし あり

防犯カメラとホームセキュリティの違い

ホームセキュリティは、鍵を警備会社に預ける必要があります。家に設置したセンサーが異常を検知した際に警備員が訪問し、室内を点検をするためです。家の鍵を預けること自体に抵抗がある方も多く見受けられます。そういった方には防犯カメラが向いていると言えます。
ホームセキュリティは警備員が駆けつけることに安心感があり、強盗などの凶悪な犯罪には向いているセキュリティと言えます。
ホームセキュリティは「家の中」を守ることに特化していますが、家の庭や、ガレージなど屋外の異常は検知しないのが一般的です。
一方防犯カメラは、カメラが設置されている場所の防犯が可能です。屋外の車や自転車などの監視もできます。
ただし、侵入者を検知しても警備員が駆けつけるわけではないので、自分でカメラの映像を見て警察に通報する必要があります。

リアルタイムで侵入者を検知する防犯カメラも

防犯カメラで侵入者を検知

近頃では防犯カメラにAIを搭載し、侵入者の検知ができる商品が販売されています。
弊社でもAIを使った人検知ができる防犯カメラを取り扱っています。弊社のAI人検知システムは侵入者を検知し、リアルタイムで撮影した画像をLINEでお客様に通知するシステムです。
今までは録画された防犯カメラ映像を確認する必要がありましたが、リアルタイムで侵入者の特徴を確認し、警察に通報することでトラブルを未然に防ぐことができる可能性が高くなります。
玄関やガレージにカメラを設置し、家に近づく人物のか確認ができるので、トラブルが起きてしまう前に警察に相談するなどの対策をとることが可能です。
また、時間指定も可能なので、夜間に限定してAI人検知を利用しているお客様もいらっしゃいます。

不審者をスマホに通知 AI人検知詳細

防犯カメラかホームセキュリティどっちがいい?

防犯を強化したい場所で決める

戸建て住宅の防犯対策に防犯カメラを設置するか、それともホームセキュリティを導入するかの決め手は「ご自宅のどこの防犯を強化したいか」にあります。
防犯カメラは主に屋外からの侵入を防ぎ、ホームセキュリティは屋内で発生するトラブルへの対応が主になります。
個人宅に防犯カメラを設置する際は、玄関や庭、車を駐車するカーポートやガレージに設置することが多いです。防犯カメラには侵入者へ威嚇効果があり、家への侵入リスクを抑制する働きがあります。録画した映像が証拠にもなりますので、トラブル発生後の対応もスムーズです。
一方でホームセキュリティはほとんどの場合、侵入者を検知して警備員が派遣されます。家への侵入を検知したい場合はホームセキュリティが適しているでしょう。
また警備会社によってはお客様が危険を感じたときに警備会社に通報すると、必要に応じて警備会社が110番通報するサービスがあるようです。

防犯カメラが向いているケース

  • 屋外の防犯対策をしたい
  • 車の盗難やいたずら対策をしたい
  • 庭や勝手口からの侵入を防ぎたい

ホームセキュリティが向いているケース

  • 庭やカーポートがない
  • 駆け付けサービスに安心感がある
  • 主に屋内でのトラブルに対応できるようにしたい

防犯カメラとホームセキュリティの強みや手間で決める

防犯カメラとホームセキュリティではそれぞれ強みが異なります。
防犯カメラは屋外を監視し、外部からの不法侵入を防止できるのが強みです。ホームセキュリティは侵入されても警備員が駆け付けてくれるという強みがあります。
お客様のお住まいの場所によって求めるセキュリティシステムは変わってきますので、迷った場合にはセキュリティシステムを導入することによって増える手間なども考慮して決めましょう。

自宅の鍵を預けることに抵抗がある方も

ホームセキュリティは自宅の鍵を預ける必要がある

防犯カメラの販売をしていると「知らない警備員が自宅の鍵を持っていること自体に抵抗感がある」とおっしゃる方が多いです。
確かに大手警備会社だとしても鍵を渡すのは私もためらいます。企業であれば問題ないことでも自宅になると考え方も変わります。
ただ、警備員が駆けつけてくれるということは強盗などの場合にはとても心強いことです。
実際にロープで縛られ強盗の被害に遭った方のご相談を受けたこともありますが、こういった犯罪は防犯カメラで直接解決することは難しいでしょう。

ホームセキュリティはセキュリティのセット・解除が必要

ホームセキュリティはセット・解除が必要

ホームセキュリティは外出時にセキュリティのセット、帰宅時に解除をする必要があります。
電子キーやカードキーなど様々なタイプがありますが、ドアの鍵と一緒に持ち歩く必要があります。
またご家庭に小さなお子さんやご高齢の方がいらっしゃる場合は操作が少し難しくなる可能性がありますので、操作性なども導入前に確認した方がいいでしょう。
防犯カメラは一度設置すれば特に何か設定をする必要はないため、毎回セキュリティをセットするのが面倒だと感じる方は防犯カメラの方が適しています。

防犯カメラとホームセキュリティの料金

戸建てに防犯カメラを設置するか、それともホームセキュリティを導入するか決める際にかかる費用を考慮することも重要です。
弊社の個人向けの防犯カメラレンタルサービスと、警備会社のホームセキュリティレンタルサービスの料金を比較してみました。

防犯カメラとホームセキュリティのレンタル料金比較

  大手警備会社のホームセキュリティ 弊社の防犯カメラレンタル
月額料金(税別) 7,000円程度 4,840円~(工事費込み)
初期費用 7万円程度 0円
設置機器 セキュリティコントローラー
ブザーボックス
フラッシュライト
その他操作機器など
防犯カメラ
レコーダー
アダプタ、配線など
故障時の修理費 無償で対応 無償で対応(消耗品も含む)

初期費用0円の防犯カメラレンタルサービス

一番の違いは初期費用です。多くの場合、セキュリティサービスを導入する際は工事費などの初期費用がかかります。
弊社の防犯カメラレンタルサービスは初期費用0円で防犯カメラを設置できることが特徴で、イニシャルコストを抑えて防犯対策をしたいとお考えの方におすすめです。
また、カメラやホームセキュリティのセンサーは機械ですので故障してしまう可能性もあります。
セキュリティサービスは長く利用することがほとんどですので、保証の面も考慮して選びましょう。

防犯カメラ設置料金を見る

防犯カメラ設置はレンタルがおすすめ

戸建てにお住まいで防犯カメラ設置をお考えのお客様には初期費用0円、月額4,840円からご利用いただける防犯カメラレンタルサービスがおすすめです。
高画質な防犯カメラをご用意しており、ほとんどのカメラに赤外線センサーを搭載しています。そのため夜間の撮影も可能なので24時間防犯対策ができます。
また防犯カメラが故障してしまった際の修理や、アダプタなどの消耗品の交換も無償で対応していますので設置後も安心して防犯カメラをご利用いただけます。
現地調査・見積もりは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

家庭用防犯カメラレンタル

家庭用防犯カメラレンタル

防犯カメラの活用 一覧を見る